どこが違う?銀行カードローンと消費者金融

銀行カードローンと消費者金融の違いって言われても…?という方がまだまだ多いのかもしれません。どちらも借り入れには審査があり、収入や支出、他社からの借り入れ状況などの情報に応じて融資限度額や金利が決まります。しかし、この二つには大きな違いがあります。その一つが銀行カードローンは、総量規制の「対象外」ということです。反対に消費者金融は対象になります。総量規制とは、貸金業者に課せられた法律のことで、「借入れの上限は年収の1/3まで」というのが、決まりとなっています。それで銀行カードローンは融資額も大きくでき、最大1000万円という銀行カードローンもあります。また、ほかの大きな違いとして、消費者金融にくらべて銀行カードローンは利息が低く設定されているということがあります。消費者金融会社のキャッシングの平均的な金利が、5%から18%程度なのに対し、銀行系カードローンの金利は3%から15%程度とその差は大きいです。ただその分銀行カードローンは審査も厳しくなっているという側面もあります。一方、消費者金融は審査が早く、審査基準が幾分低く設定されていて利用しやすい点や、30日以内に返せば利息なしというキャンペーンを行なっているときもあり検討してみる価値があります。

どう使う?銀行カードローンと消費者金融

違いがあることはわかりましたが、ではどう使ったらいいのでしょうか?銀行カードローンの特徴として即日融資の可能性が低いこと、総量規制の対象ではなく、さらに融資限度額が高くなると金利が下がるという事があるので、利息を抑えたい、おまとめ、借り換えなどの大口融資に向いています。一方、消費者金融が得意とするのがやはり、即日融資です。また、総量規制(貸金業者からの借り入れ総額は年収の3分の1までという法律)があることで融資限度額は低いわけですが、急ぎの、比較的少額の融資を希望する時には強い味方となってくれるはずです。それぞれの得意分野を利用して、自分に合った商品を選んでいきたいですね。
http://www.daphne-toolkit.org/